朝日新聞の居直り
朝日新聞はなぜこのタイミングで慰安婦報道の誤報を認めたんでしょうか。
もう何十年も前からあの吉田証言や従軍慰安婦の話は捏造だというのは
徐々に国民の間に広がっていました。

数少ない良識的な学者や評論家はそう主張していたのに朝日は無視。
しかしネットの発達で新聞の発行量が減り、特に朝日や毎日を
不買する人が増えたんだと思います。

韓国の執拗な慰安婦補償の要求に対する反発が強くなり
朝日新聞への批判もネットでは高まるばかり。
それをかわすための検証記事だったのかも。
しかし長年の誤報を謝罪もせず逆に自分達を正当化する
朝日新聞の居直りには怒りしか感じません。
もう日本人は朝日新聞を信用しない。
こんな日がこようとは夢にも思わなかった・・・

などと感慨にふけっている場合じゃなくそもそも慰安婦報道は
朝日新聞の悪質な捏造であって誤報じゃありません。
最初あの記事を書いた植村記者は妻が韓国人、その母は慰安婦裁判の
当事者です。だからといって植村記者個人の捏造ではない。
朝日新聞社、人権屋サヨク、進歩的文化人というなりすましが
グルになって日本に仕掛けた捏造、詐欺だと思います。
朝日だけでなくマスコミ、評論家、みんなグルですよ。

その朝日新聞がヘイトスピーチの国連人種差別撤廃委員会の勧告について
市民グループの調査によると、ヘイトスピーチをともなうデモや街宣は昨年1年間で360件以上行われているという。なぜこれほどの 拡大を許してしまったのか。勧告を機に、よくよく省みなければならない。 同時に、在日韓国・朝鮮人のひとたちが味わわされた屈辱と恐怖に改めて思いを致し、ヘイトスピーチを絶やすために何ができるか、 この社会に共に生きる者として考えたい。

だってさ。なぜこれほどの 拡大を許してしまったのか ?
そりゃ嘘の慰安婦話で日本を侮辱したり、在日特権に反発したからでしょうよ。
在日の犯罪や生活保護の不正受給をマスコミが隠すからよ。

日本には共に生きる者としての資格がない人達が沢山います。
日本政府はヘイトスピーチ規正法をする前にまずこの人達を
どうにかしない事には日本人が差別され搾取され続けます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか [ 田母神俊雄 ]

posted by はなまる at 15:38 | 日記