産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴
産経新聞前ソウル支局長が、朴大統領の名誉を毀損したとして
在宅起訴された事が国際的にも感心を集めています。
すでに韓国メディアが記事にしたことを紹介しただけですけど
当の韓国メディアはお構いなし、日本の記者だけを起訴だって。
誰がどう考えてもおかしいです。

韓国外交部の報道官は14日の定例会見で、日本は今回の事案について
冷静になる必要があるとの見解を述べたけどよく言うよ。
日本は冷静ですよ。
国際的に韓国が民主国家かどうか疑いをもたれただけ。

私が面白いと思うのは日本のメディアや人権派の対応です。
流石に読売などは批判してはいるけど大騒ぎはしていない。
日ごろ言論の自由を主張し特定秘密保護法に反対する人達や
慰安婦問題を認めよと日本に圧力をかけた国連の人権委なども
この件についてはだんまりなのよね。

つまり韓国政府の言論の自由の弾圧、人権抑圧には文句言わない。
特定秘密保護法反対のデモした人のお里が知れますわね。
知識人や文化人や有名芸能人も日本人の人権抑圧は無視ですよ。
ねぇ吉永小百合さん。

日本国内で在日朝鮮人の人権だけを声高に叫び
日本人の人権を抑圧し表現の自由を奪う人達がたくさん居ます。
そういう人達がいくら人権擁護だの報道の自由だのを振り回しても
騙されないようにしましょう。

posted by はなまる at 17:29 | 日記