GDPショック
日本の7─9月期のGDPがマイナス成長となったことで、
株安・円高が急速に進み各方面にショックをもたらしました。
さすがに2期連続のマイナス成長は予想外でしたね。

野党もマスコミもいっせいにアベノミクスを批判しています。
解散・総選挙があるとすれば、アベノミクスの成否が問われますね。

ではアベノミクスは失敗かというと半分は成功したと思います。
企業の業績は上がり、給与も上がった。失業率も減っています。
しかし円安に加え消費税上げによる物価上昇は庶民には厳しかった。
景気対策が公共事業に偏ったのも原因の一つでしょう。

消費増税分の実質賃金が減って消費は低迷。
私は莫大な国の借金を子供や孫の世代に残すのは無責任だし
消費税10%くらいは仕方ないとは思います。

でも肝心の経済が低迷しては消費税を上げても税収は増えません。
安倍総理は消費増税を先送りする報道されていますがさてねぇ。

野党民主党は何が何でもアベノミクスが間違っていたという事にして
今の円安を止めたいと思っていますね。なにしろ韓国経済は風前の灯。
民主党の円高政策は韓国や中国のためですから。

野党はアベノミクスをいくら批判してもではどうするか
建設的な提案はありません。また円高に戻しますか ?
国民の判断はどうなりますかね。
posted by はなまる at 18:12 | 日記