安倍内閣の採点
安倍内閣のこの二年間は採点をつけると何点くらいかしら。
アベノミクスが失敗かどうかはまだ分かりません。
全ての政策を一時にやる事は出来ないしその政策の効果は
2.3年経たないとはっきりは分からないものです。
これからがアベノミクスの正念場というのはそのとおりですね。

円高デフレが日本を衰退させるのは間違いありません。
でも円安のマイナスが直撃する庶民の家計や中小企業への
対策が足らなかったと思います。
公共事業は大事だけど景気刺激策が公共事業に偏りすぎです。

他にも自民党や安倍内閣にも文句はいっぱいありますよ。
公務員の給料より介護職の給与を上げて欲しかったわ。
大企業の賃上げはもちろん最低賃金ももっと上げるべきだし
行政改革も忘れずに・・・・と色々ありますが基本的に
安倍内閣の経済を強くして国民の生活を豊かにするという
方向性には賛成ですね。それが上手くいくためにはもっと
色々な政策が必要でしょう。

外交に関しては非常に上手いと思います。
中韓のあしらいなどはお見事です。
集団的自衛権や特定秘密保護法も私は賛成です。
中国が尖閣や小笠原の資源を盗みに来ているのにのんきに
構えていられますか。安全保障政策を変えるのは当たり前です。

一番大切という経済は円安と消費税増税が重なりかなり大変。
でも最近は輸出も増え始めているし外国人観光客も予想以上に
伸びています。色々な統計をみると良い数字も悪い数字もある。
実質賃金は減っているけど雇用が増えています。

民主党政権は3年半続きました。
安倍内閣にも同じ時間は与えないとその成果は分かりません。
まあ採点はその時までオアズケですね。
posted by はなまる at 17:35 | 日記