対馬の仏像 小笠原の珊瑚
対馬では韓国人によって仏像が盗まれ
小笠原では珊瑚が根こそぎ中国漁船に盗まれました。
日本の周囲には強盗ばかり。もっと守りを固めないとね。

対馬は韓国人観光客が多く経済的にも頼っていますが
以前も仏像が盗まれ韓国は盗品であると知りながら返還しなかった。
元々朝鮮の物だからとか盗んでも無罪というわけです。
仏像どころか対馬そのものが韓国の領土だと言っていますよ。
そんな人達を観光客として歓迎していいもんでしょうか。
観光客じゃなく泥棒であり侵略者ですよ。

一方中国は政府専用機で象牙の密輸をするという盗賊国家。
珊瑚密猟も中国が取り締まるはずがない。
日本政府が厳しく対策を取るべきでしたが海保の能力も限られるし
なにより国交大臣が公明党で、中国に遠慮したんでしょ。
東京都知事も公明党とずぶずぶのマスゾエさんだし。

日本政府は国際機関に訴えて中国韓国の無法ぶりを糾弾し
文化財略奪・環境破壊行為として大々的に世界に宣伝すべきです。

密漁漁船には威嚇射撃くらいしてもいいと思います。
罰金は高くなったけど加えて漁具や船体も没収するべきですね。
そして守りを固める事。海保はもっと増強しないとね。
力がなければ奪われても泣き寝入り。
相手と対抗できる力を持って始めて相手と交渉できます。
posted by はなまる at 22:21 | 日記