元民主党候補者からのお詫び
元民主党東京11区総支部長(前衆議院候補)太田順子氏からのお詫びの言葉です。

 私の収支報告書には、板橋区議のパブ(一般的にキャバクラと言われる店)等での遊興費や、一般感覚ではありえない不適切な領収書が多々認められます。
しかし、私自身が正確な収支が把握不能の状態に置かれており、現在まで全容解明、修正対応をしたく努力して参りましたが、叶いませんでしたので事実を公表しお詫び申し上げます。
他の民主党候補者同様、私の選挙資金のほとんどは民主党からの寄付でした。税金を原資とする政党交付金を選挙活動のために賜りましたが、適切に使用できなかったこと及び民主党内にある腐った体制を改革できなかったことを返す返すお詫び申し上げます。

続きはhttp://ootajunko.jp/でどうぞ。
どうも太田順子氏の選挙資金は他の民主党員の飲み食いに使われたようです。

安倍内閣の宮沢経産相(64)の資金管理団体「宮沢会」が、広島市内の
SMバーに政治活動費 を支出していた問題を民主党は厳しく批判しまた。
でも民主党政権の閣僚や大物議員たちは韓国系キャバクラとかゲイバーで
政治活動費として数百万も使っていたんですよ。

この事はちゃんと収支報告書に記載されていました。
でもマスコミはほとんど報道しなかった。報道しない事はないのと同じてか。
そして自民党の宮沢経産相のたった一万八千円のSMバーでの支出は
あれほど華々しく報道したんですよ。

自民党側の失言はどんな事でも取り上げて徹底的に叩くが
民主党側の失言は全く取り上げない。
これと同じですね。
マスコミが批判しない民主党のほうが常に批判される自民より
はるかに腐っていると思います。
posted by はなまる at 14:44 | 民主党と選挙