マクドナルドの異物混入 デジャブ
マクドナルドを始め色々な食品の異物混入が話題ですね。
なんで急にわらわらと持ち上がったのかしらね。
マクドの場合、歯のかけらまで入っていたとか。

食材を包んだビニールとか作る時の機械やプラの破片なら
まあ入っていたとしても、不思議ではない。
でも歯のかけらってねぇ、どうやって入ったのかしら。

連日マスコミのマクドナルドの異物混入を報道を見ると
どうしてもデジャブを感じてしまいます。
以前にもあったよね、雪印とか不二家へのマスコミの過剰報道。

賞味期限切れの商品を売ったり、衛生状態が悪かったりは
確かに良くないけど、マスコミのバッシングは激しかった。
その結果、雪印も不二家も潰れてしまいました。
今考えると潰れるほどのことだったんでしょうか。

その前には江崎グリコや森永が犯罪のターゲットになりました。
江崎の社長が誘拐されたり、森永のお菓子に毒が入っていたり
異常な事件でしたが犯人は逮捕されなかった。

一連の事件、そしてマスコミの過剰報道の共通点は
それによってロッテが大きな利益を得たということです。
ロッテでどんな不祥事があってもマスコミは決して報道しません。

ロッテに何の問題も無いわけではなく在日系の企業だから
報道しないんですよ。そしてライバルが犯罪やマスコミの
ターゲットにされている間にロッテはどんどん大きくなりました。

食べ物に異物を入れて言いがかりをつけ金品を脅し取るのは
ヤクザがよくやる手で相手の評判を落とすのには効果があります。
マクドナルドの評判が落ちればロッテリアのお客が増えるのかしらね。
米国でもマクドナルドと韓国系アメリカ人が揉めて裁判になっています。
どうもマクドナルドが標的になっている感じ。

マスコミはロッテのような在日企業だけでなく韓国産の
キムチとか水産物で食中毒が起きても全く報道しません。
民主党政権時には食中毒が頻発しましたね。
自民党政権になって不思議と食中毒が減りました。
民主党政権は韓国産の食材の検査を甘くしたんですよ。
今は検査が厳しくなっているんでしょうね。

私はファーストフードは好きじゃないしマクドにも行かない。
ただマスコミが一斉に何かを大きく報道する時は絶対裏がある。
今回の異物混入騒動のマスコミの狙いは何んでしょうか。
posted by はなまる at 21:49 | 日記