イスラム国とサヨク
イスラム国に誘拐された湯川遥菜氏は民間軍事会社 ? とかいう
わけの分からない会社を作りイスラム国支配地に入った戦争観光客。

その湯川氏を助けようと自己責任でイスラム国支配地に入った
ジャーナリスト、後藤健二さんは反日カルト「日本基督教団」の教徒。

こんな情報を見るとますますイラク3バカのことを思い出しますね。
当時わざわざ危険なイラクに入った左翼かぶれのために日本政府は
秘密で身代金を払ったらしい。
あの時も自作自演をネットで疑われていました。

どうもねぇ、今回も似たような匂いがしますね。
このテロ事件を利用して露骨に安倍政権を倒そうとする連中が多い。
この人達とイスラム国がグルだとしても私は驚きませんね。

ともかく身代金を払うのは反対です。
払えばテロリストはそのお金で武器を買いさらに多くの人が
テロの犠牲になり日本はテロに屈した国になります。

イスラム国も本気で2億ドルも取ろうとしているとは思えない。
なにか別の思惑があるんでしょう。そもそもなぜイスラム国は
イスラム教徒のウィグル人を弾圧する中国を狙わず日本を狙ったのか。
まあテロリストなんて所詮は犯罪者だし。

ところであの動画は不自然でしたね。
そのせいかこんな動画も出ています。
http://www.buzznews.jp/?p=647015
どうも困ったモンですね。テロがお笑いになっちゃうじゃない。
posted by はなまる at 17:05 | 日記