日本の安全と責任
ISILによる人質事件は悲劇に終わりました。
こうなる事は予想されましたよね。
そして予想通り国会では民主党が一般社会ではサヨクマスコミが
今回の事件は安倍総理の責任であると総攻撃をかけています。
でも私は全ての責任はテロリストにあると思います。

そして殺害された二人の日本人は・・・やはり自己責任です。
冷たいようですが、政府の再三の制止を振り切って行ったのですから。

国会での議論、マスコミの論調を見るとやはり国内のサヨク
民主党などの野党は今回の事件でISILと繋がっている
という疑いを持ってしまいます。
少なくともこのテロ事件を国内の政治に利用するのは
ISILを利する事でテロリストのお仲間といわれても仕方ない。

テロ朝は第三の人質事件が起きるように中東の日本人情報を
テレビで公開しました。また嘘の情報を流したと外務省から
抗議されました。さすがは朝日新聞のお仲間です。

これから重要なのはいかに日本人を守るかです。
中東をはじめとする貝海外で働く邦人とその家族。
比較的安全な海外を旅行する日本人。
そして勿論、日本国内の治安と安全をどうするか。
しっかりとした対策が必要ですね。

ただし危険な地域にあえて行く人達はどうしようもありません。
日本政府は身代金は払わない。努力はするけど殺されても自己責任。
しかし政府に迷惑はかかるし家族が悲しみますよ。


posted by はなまる at 18:20 | 安倍内閣