外務省HPの変更
外務省がホームページに掲載している韓国に関する記述のうち、
「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」という
表現を削除しましたが、韓国外交省は4日、コメントを出して
「どのような経緯で修正されたか日本政府が説明しなければならない」だって。

ことについて菅官房長官の応えは・・・
「外務省はホームページをどんどん更新しているから、その部分だけことさら、
ということではないと思う」「韓国は重要な隣国だ」
「未来志向の関係を築くことが必要だという日本の考え方は変わっていない」

まあ無難なお言葉。
韓国メディアは「韓日の信頼を破局に追いやる日本」と騒いでますが
日韓の間に信頼関係なんてありません。
反日で日本を誹謗中傷し、中国と結び、借金はおろか盗んだ物を返さず
不当に日本人を拘束するような国を信頼など出来るわけがない。
まして皇室を侮辱するような国は日本の敵です。

日本はこれからどんどん韓国とは離れていくと思います。
在日韓国人も送還が始まるでしょう。
そうなるように政府に圧力をかけるべきです。

私がアベノミクスを支持するのはアベノミクスが
中国や韓国に打撃を与えているからです。
日本から技術を盗み雇用や市場を奪った中韓ですがそれは
円高のおかげで今の円安で競争力を失っています。

アベノミクスで日本経済が再生するかは、まだ分からないけど
中韓は日本の敵ですから、彼らが弱体化するのはよい事です。
日本はともに共存できる国と頑張っていくしかないですね。

韓国はすでに破綻した日本の事より大使を襲われた
米国との関係を心配すべきですね。
posted by はなまる at 18:41 | 安倍内閣