沖縄で平和を叫ぶプロ市民の正体
4月3日、八重山日報
読谷村座喜味の公園で、同村に住む米国人と日本人のハーフの女児(6)が複数の男に押し倒され、腹部を踏まれるなどの暴行を受け、母親が嘉手納警察署に相談していたことが分かった。


卑劣な犯罪ですね。大の男が数人で小さな女の子の腹を踏む ?
こんな事をするのが日本人とは思いたくないですね。

沖縄の基地反対派は、平和を叫びながら米兵だけでなく
基地に肯定的な一般の沖縄県民に暴行を働いています。
https://www.youtube.com/watch?v=GxfnLSEvzlg
米兵の家族にまで汚いヘイトスピーチを浴びせ
地元の人達に酷い迷惑をかけまくっています。

沖縄には本土からサヨク過激派が入り込み、ヘイワ団体という
テロ組織を作っています。そして米軍基地のフェンスにはなぜか
ハングル文字がたくさん貼り付けられています。

多分日本人でもない人達が一杯入り込んでいます。
その目的は本土と沖縄を離反させ沖縄を中国に売り渡す事です。

posted by はなまる at 22:42 | 安倍内閣