後退した慰安婦に関する主張
産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森 義久氏が
例の歴史学者187人の声明文の詳しい解説をしています。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43768

これを読むといかに酷い誹謗中傷が日本になされていたか
モーレツに腹が立ちますね ちっ(怒った顔)
特に酷いのは米国大手出版社マグロウヒル社の高校歴史教科書です。
「日本軍は14歳から20歳の女性を20万人も強制的に徴用し、性的奴隷として売春宿で働かせた」

「日本軍はその活動を隠蔽するため多数の慰安婦を虐殺した」

「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊に供した」

これは韓国側の主張そのままだし、例の慰安婦像にも書かれています。
日本外務省が抗議し、訂正を求めましたがマグロウヒル社は拒絶し、
米国の学者19人がマグロウヒル社の教科書の記述はすべて正しい、
その記述に抗議する日本側の動きを「学問や言論の自由への侵害」とする
声明文を3月に出しています。

この19人の中の12人が今回の187人の声明文に署名しています。
187人声明文では「20万強制連行」だの「性奴隷」だのといった
事実無根の事は書かれてはいません。

中国・韓国に対する批判も書かれているしはっきり売春という
言葉も使われていますね。これまでのプロパガンダ的主張は
大幅に後退しています。

古森 義久氏は歴史学者187人の声明は反日勢力の「白旗」だった
と断じていますがそれにしても官邸にまで声明文を送り
慰安婦問題を解決すべきなんて言ってるんだから何様よ。 

特に3月に全く事実無根の声明を出しながら二ヶ月後には
まるで違った声明文にも署名している学者って何でしょ。
やはり中韓の悪質プロパガンダがあれほど米国や国連に
浸透したのはアメリカ国内にそれを支持する勢力がいたからですね。

それでも3月の19人声明文そして今回の187人声明文の違いを見れば
誤った主張には断固として反論を続けることが必要だと分かります。

おそらく安倍内閣になって、色々な対策が練られていたんでしょう。
安倍総理の米国議会演説は勿論、小山エミという人によると
それ以前もちゃんと反論は積み重ねていたんですね。

ところで187人声明文を送られた日本政府の反応ですが
菅義偉官房長官
「研究者の皆さんの声明であるため、その内容一つ一つに
政府の立場からコメントする必要はないと思う」


【楽天ブックスならいつでも送料無料】いつまでもアメリカが守ってくれると思うなよ [ 古森義久 ]
posted by はなまる at 21:22 | 日記