怪しい年金テロ 
日本年金機構から約125万件の個人情報が流出した事件ですが
今の時期、非常に怪しい、年金テロじゃないですか。
思い出すのは第一次安倍政権時の消えた年金問題です。
これが原因で安倍内閣は崩壊に至りました。
今回も安倍内閣とマイナンバー潰しを狙ったテロだと思います。

消えた年金問題ではなぜか政府より民主党やマスコミのほうが
内部情報に詳しく、国会や報道で激しく安倍内閣を攻撃しました。
あの時は多くの国民が民主党は年金問題に詳しい、頼りになると思い
それが後に民主党政権が出来る一歩になりました。

でも考えてみると消えた年金問題で一番責任があるのは
年金業務に関わった公務員です。
そしてその公務員は自治労に属しています。
はい、自治労といえば民主党の強力支持団体ですね。
つまり公務員が民主党に情報をリークした可能性が高いです。

そして自分達のいい加減な業務によって消えた年金の責任を
内閣に転化して責任逃れしようとした。
今回は特にマイナンバーが関わっています。

マスコミはマイナンバー制度に対する不安を煽っていますね。
マイナンバー制度が完成すれば不正な蓄財や生活保護の不正受給は
暴かれるし、事務負担の軽減で公務員の数も減ります。

つまり不正な資産を持つ人と公務員にとっては潰したい制度です。
その人達が手を組んだサイバーテロの可能性もあると思います。
徹底的に操作してもらいたいですね。

そして国民が安心できるよう安全なマイナンバー制度にして欲しいです。




posted by はなまる at 16:01 | 日記