従軍慰安婦の次は強制連行
韓国が軍艦島などの世界遺産登録に韓国人が強制連行されたとかで
いちゃもんをつけて反対していますが、これに中国が加わったようです。
まあ中国も韓国と同じ事をする似た物同士という事ですね。

実際韓国・北朝鮮・中国は三つ子のように似ている。
強い相手におもねり弱い相手には威張り散らす。
これが戦争になると強い軍隊相手には逃亡、
武器を持たない民間人は虐殺って事になります。

人の好い相手からはおだてて騙し取ったり奪い取ったり
そして自分達が強い立場に立てば、どれほど恩を受けた
相手も裏切り足蹴にする、という人達ですね。

中国韓国にとって日本人ほど騙しやすい相手は無かったんでしょ。
バカみたいにお人好しで特にサヨク馬鹿は利用しやすかった。
それでも、従軍慰安婦とか南京大虐殺などは嘘だとバレました。

中韓が利用した(嘘の)歴史カードが利かなくなっちゃった。
そこで考えたのが強制連行でしょう。

韓国の裁判所が日本企業に戦時中の労働の賠償を認めたり
軍艦島などで韓国人が強制労働され死亡したなんて嘘を
でっち上げています。

なぜか戦後70年も経って軍艦島で亡くなった人の供養をやろうとした
韓国人御一行がいてそれを長崎テレビが報道したそうですよ。
軍艦島には上陸できず近くの桟橋で許可も得ずやったらしいです。

なんの魂胆か見え透いていますよね。
こういう事にはすばやく対処しないといけません。
従軍慰安婦も最初から反論していればあれほど大事にはならなかった。

もぐら叩きのように彼らの出す嘘はすばやく叩かないとダメ。
そもそも韓国とも中国とも過去の決着をつけて国交を回復しました。
過去の歴史で嘘ついてまで強請ろうなんて許せませんね。
posted by はなまる at 21:21 | 日記