「韓国が世界遺産反対に投票を要請」した文書
「韓国が世界遺産反対に投票を要請」した文書がテレビで報道されました。
それによるとまず
日本が申請しているうちの7施設で、約5万8000人
韓国人が強制労働させられたことが紹介され
「この場所で、多くの韓国人が愛する家族のもとに戻ることができずに命を失いました。強制労働と人権蹂躙の現場がまるで何事もなかったかのように世界遺産に登録されれば、まだ生存している被害者らが再び苦痛を受ける悲劇になります。正義が実現できるように韓国への支持を要請します」

ところで韓国側の言う、約5万8000人という数字には
どんな裏づけがあるんでしょうか。
強制労働させられたという韓国人の名前を出して欲しいもんですね。
日本側の資料とつき合わせて調べればいいじゃありませんか。
おそらく約5万8000人なんて大嘘ですよ。

勿論、韓国人も日本で大勢働いていましたよ。
お金を稼ぐため不法、合法に沢山の朝鮮人が半島から日本に来ていました。
当時は朝鮮半島も日本でしたからね。
本土の日本人より緩かったけど徴用もありました。
炭鉱堀は給料が良かったから軍艦島で働いていた人もいたでしょう。
でもそれは強制労働ではない。

日本は断固として反論すべきです。
先日の桟橋で違法“慰霊祭”といい韓国は日本のマスコミと組んで
幻の“朝鮮人犠牲者”捏造しようとしているんですよ。

遺産委議長国のドイツが「強制労働を伝える記念碑の設置」
仲裁案として示したという話がありますが日本政府は
絶対こんな話に乗ってはダメです。

むしろ韓国政府に、一遺産施設で犠牲になったという朝鮮人の名簿など
詳細な資料を委員会側に引き渡すよう要求すべきです。
そして韓国のいちゃもんで世界遺産が登録されなければ
それに抗議してユニセフの分担金支払いを停止くらいはすべきです。
posted by はなまる at 17:06 | 日記