中国による、安倍内閣 倒閣運動
6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で、自民党推薦の憲法学者が
安全保障関連法案を「違憲」と指摘して以降、国会が大もめになっています。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1734.html

これは自民党の大チョンボって感じですがどうも裏があるようです。
青山繁晴氏が「ザ・ボイス」で語っていますが
“違憲”学者を招致した役所に中国の手が入っている!

どうもこの参考人の人選は役人に丸投げされているようです。
青山繁晴
「で、僕は、まあもちろん記者出身なんでその経緯をもう一回調べたら、国会で証言したあとももう一度調べてみたらですよ、ありとあらゆる証人は、つまり、役所に全部丸投げされてて」 「ね。そして、今回で言うとですよ、今回も、何とその船田さん、責任者の船田さん、ね、自民党でかつてホープと言われた船田さんも含めて、誰が国会に現れるかを知らないんですよ。役人に任せたまま」

その役人に中国の手が回っていればわざと憲法違反という学者だけが
呼ばれることになるわけです。
でもこれって可笑しいよね。ちゃんと政党が選ばなきゃダメですよ。

国の安全保障は政治家が責任を持ってやるべきものです。
憲法学者がやるもんじゃありません。
最後には最高裁判所にいくのかも知れないけど、司法もこの所
サヨクの巣窟になって変な判決が出ているから心配です。
マスコミや民主などサヨクの背後にいるのは中国韓国北朝鮮です。
騙されないようにしないとね。
posted by はなまる at 17:48 | 安倍内閣