強制徴用の嘘
韓国は日本の世界遺産登録を妨害していますが
その目的は強制徴用の言質を日本からとる事だと思います。

あの河野談話を出したばっかりに20万人の少女が強制連行され
慰安婦にされたなんて出鱈目が世界中にばら撒かれました。
今回も韓国は強制徴用されたという難癖をつけ、
それを日本政府に認めさせようとしている。

例えば軍艦島のパンフレットに少しでもコリアンが徴用されました、
なんて書けば強制徴用に言質を与えた事になります。
後は韓国が世界中で大々的にネガティブキャンペーンをして
強制徴用を第二の従軍慰安婦にするでしょう。

でも強制徴用なんて嘘ですよ。
徴用は徴兵と同じであの当時の日本人の義務でした。
当然日本に併合されていた半島の人にもその義務がありました。
本土の人よりはかなり緩かったようですが。

当時の炭鉱堀は大変に過酷な労働でそれだけに給料は良かった。
それを目当てに多くの人が働いていました。
半島出身者も当然いたでしょうが、強制労働ではありません。

日本政府は登録の年代が違うとかゆるい事云ってるけど
なぜ韓国の主張は大嘘と云わないのかしら。
何か適当な時期を待っているんでしょうか。

日本政府は絶対韓国にほんの僅かでも妥協してはダメ。
折角、私たちの祖先が残した輝かしい遺産を韓国に利用され
汚されるくらいなら、世界遺産に登録しないほうがマシ。

その代わり、韓国とユネスコに対しては応分の処置をとりましょう

posted by はなまる at 23:18 | 日記