マスコミVS百田氏 電波利権
例の失言で自民党議員は処分されちゃいましたね。
マスゴミに盗み聞きされて処分。お気の毒様。

しかし百田氏は民間人なので本気で喧嘩するみたいです。
それでこそ男よ !

で、当日の百田氏の発言を振り返ると
議員A 
マスコミを懲らしめるには、広告料収入をなくせばいい。われわれ政治家、まして安倍首相は言えないことだ。文化人、あるいは民間の方々がマスコミに広告料を払うなんてとんでもないと経団連に働きかけてほしい。

百田氏 
「本当に難しい。広告を止めると一般企業も困るところがある。僕は新聞の影響は本当はすごくないと思っている。それよりもテレビ。影響は新聞よりもテレビ。広告料ではなく、地上波の既得権をなくしてもらいたい。自由競争なしに五十年も六十年も続いている。自由競争にすれば、テレビ局の状況はかなり変わる。ここを総務省にしっかりやってほしい。」

実はマスコミは影響は新聞よりもテレビ。
広告料ではなく、地上波の既得権をなくしてもらいたい。
自由競争なしに五十年も六十年も続いている。
自由競争にすれば、テレビ局の状況はかなり変わる。
この部分は報道していません。

同じく盗み聞きしているのに、なぜこの部分を隠すのか ?
よほどテレビ局には都合の悪い事だからでしょ。

今は実質的に7局の寡占体制担っていますがUHF帯だけで
30チャンネル以上とれる周波数があるそうです。
これををBS局や通信業者に開放して自由競争にすれば、
数十チャンネルが競争するので、国にもがっぽり電波利用料が入り
私たちも色々な報道を見比べる事が出来る。

偏向報道や捏造報道する番組は見なくていいわけです。
視聴率急落のフジテレビなぞあっという間に潰れるでしょう。
今のテレビ局はわずか数億の電波料しか払っていない。
数社だから同じような偏向や捏造も出来るし、社員に平均
1400万も給料を払えるのです。

ちなみに沖縄の新聞2紙が沖縄の世論をゆがめているのは
本当のことですよ。だからヅラ知事が当選したんです。

posted by はなまる at 18:13 | 民主党とマスコミ