NYタイムズ前東京支局長の発言に韓国ネット火病
NYタイムズ前東京支局長「日本の植民地支配は侵略ではなく“解放”」=韓国ネット「入国禁止にしろ!」「日本からいくら受け取った?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000007-rcdc-cn
英紙フィナンシャル・タイムズや米紙ニューヨーク・タイムズの東京支局長を歴任した英国人ジャーナリストのヘンリー・ストークス氏は同日、日本メディアのインタビューで、第2次世界大戦時の日本の植民地支配について、「侵略ではなく解放であり、アジアの国々を独立に導いてくれたもの」「日本はアジアを独立に導いた希望の光だった」、「欧米諸国が占領したアジア植民地に軍事侵攻したのは事実だが、日本は西洋に捕まったアジア国家を解放した」安倍晋三首相が8月に発表する戦後70年談話ついて、「反日国家に惑わされずに歴史の真実を理解し、日本が誇れる国になることを願っている」

なんというか、英国のジャーナリストに、こう言っていただけるとは
サンキューとしか言いようがありませんね。
英国もまた、あの戦争で植民地を失った国ですから。

勝てば官軍、負ければ賊軍、でもそれは歴史の真実とは別です。
日本は欧米の植民地となる事を拒否して無謀な戦争をして敗れた。
でもその戦争がきっかけとなり、アジアの多くの国が独立しました。

そして戦後もどれほど多くの支援をアジアの国々に行ってきたか。
それがアジアの発展に寄与した事は間違いない。
皮肉にも日本が最も多く支援した、中国韓国が最も反日になりました。

でも反日国家が火病を起こしても、安倍総理には反省すべきは反省し
戦後70年の日本の歩みに誇りを持って談話を出して欲しい。
出来れば閣議決定もして貰いたいですね。
posted by はなまる at 19:02 | 日記