弁護士が日弁連などを提訴  弁護士が日弁連などを提訴  弁護士が日弁連などを提訴 弁護士が日弁連を提訴
南出喜久治弁護士が日本弁護士連合会や弁護士会による特定の
政治的な主張について「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり
違法として提訴しホームページ上の意見書や会長談話の削除と100万円の
慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

問題となったのは今年6月の「安全保障法制改定法案に反対する意見書」や平成26年7月の「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明」など計15本。

南出喜久治弁護士は弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が
義務づけられているが、「(声明として出される)文書は正規の機関決議を
経たものではなく、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない」
と主張していいます。

つまり日弁連のトップがかってに政治的声明を出しているわけ。
真面目に仕事する弁護士は忙しいから日弁連の役職には付きたくない。
それをいい事にサヨク系の弁護士が役職に付き、好き勝手に
政治的声明や談話を出しているわけです。

強制的に加入義務がある団体が弁護士の仕事と関係ない
政治声明を出すなんて納得できないって事ですよね。
ごもっとも、何故他の弁護士はこれに黙っているの?

ちなみに日本弁護士連合会(日弁連)の主な活動

●君が代斉唱時の不起立の自由を主張
●捏造慰安婦問題で韓国と手を組み「クマラスワミ報告」に関わる
●死刑廃止を推進など犯罪者を守り被害者の人権を踏みにじる
●選択的夫婦別姓制度導入を推進
●「少年法」成人年齢引き下げに反対


日弁連と日教組は特亜の手先、日本の癌です。
posted by はなまる at 18:11 | 日記