外務省のホームページ修正
外務省がホームページを安倍談話発表に合わせて修正しました。
ま、新しい談話が出たんだから当然ですね。

外務省は韓国の京郷新聞との通話で
「削除ではなく安倍談話の発表に合わせて内容を改正する必要があって一時的におろした」 「内容を改正し次第また上げる予定」


韓国はこれに不満たらたらで
外務省が植民地支配と侵略を直接謝罪せず、過去の政権の謝罪内容を引用するに終わった安倍談話をそのままホームページに移す場合、周辺国の反発は避けられないものと見られる。特に ‘戦争と関連がない世代に謝罪を継続する宿命を担わせてはいけない’とし、事実上もうこれ以上
の謝罪を拒否するという談話内容まで外務省ホームページにそのまま入れられることになれば反発がより一層強まる可能性が高い。


周辺国の反発といっても中国と韓国と北朝鮮だけでしょ。
中・韓・北にとっては鳩山元総理のように永遠に土下座する日本
金も技術も差し出す日本が理想でしょ。
お気の毒だけどもうそうはいきませんから。

今年上半期、日本の中国への投資は20%以上減りました。
その上に天津市の大爆発で、海外からの投資は大きく減るでしょう。
経済に行き詰った中国はますます、外に暴走するかも。
あるいはシュウキンペイVSコウタクミンの内戦になるか。
日本は中国の暴走を抑止するため、安保法案くらいは通さないとね。

【送料無料選択可!】高校生にも読んでほしい安全保障の授業[本/雑誌] (単行本・ムック) / 佐藤...

posted by はなまる at 22:55 | 安倍内閣