朴大統領の訪米
朴大統領訪米は失敗に終わりました。
元々成功する要素は無かったですがね。
米国はサードを要求すらしなかった。
韓国が求める軍事技術供与はお断り
TPPも実質お断り。

オバマ大統領から釘をさされただけ。
「朴大統領に唯一要請したのは中国が国際規範と法を順守することを望むということ」 「もし中国がそのような面で失敗するなら韓国が声を出さなければならない。中国が法を無視して望むままにするなら韓国にも得にならない」

一方朴大統領は米ペンタゴンを訪問し米軍将兵らと
「一緒 に行きましょう(Go Together)」と叫んだんだって。
米軍将兵にすれば「どこへ ? 」ってなもんね。

朴大統領は首脳会談に先立ち「どんな風にも 揺らがない友情」と
「韓米同盟の躍動的進化」を強調し米国に広がっていた「韓中密着論」を
ある程度解消する成果を上げたと中央日報は報道しました。
ホントにそんな成果があったのかしらね。

あげくベトナム系団体から、韓国兵士の蛮行の謝罪を求められる。
多分ベトナム戦争やら朝鮮戦争で韓国が自分でやった事を
日本軍がやったと大々的に国際社会で宣伝してるんですよ。
むろんバックは中国ですが。

私なんか単純だから日中韓首脳会議なんぞやらなくていい !
と思うけど外交はそれほど単純ではないですから
安倍総理のお手並み拝見ですね。
でも訪韓なんかして大丈夫かしら、万一の事があったら・・・
なんて本気で心配しちゃいますね。

posted by はなまる at 23:33 | 日記