定数削減は善か ?
今日の国会で国会議員の定数削減が問題になってました。
北が核開発だのミサイル発射だのと騒いでいるのに
のんきと言うかなんと言うか・・・

しかし考えようによっては、日本の国会がそれで大騒ぎすれば
かえって北の思う壺、ここはあえて無視して、どうでもいい事を
審議しようなんて、野党は考えてはいませんね、きっと。

増税するからには国会議員も身を切ろうと定数削減・・・て
言いだしっぺはそもそも誰だったかしら。
マスコミ ? それとも政治家 ?

国会議員を減らしてもそれほど国費の削減にはならないですよ。
政治家の数が減れば、その分国民の要求が通りにくくなり
官僚の力が増してしまうんじゃないですか。

確かに今は役に立たないどころか有害な議員が多すぎる。
しかし日本の為になる政治家は少ない。
政治家全体の数を減らすより、役立たずの売国政治家を減らし
有能で日本の為に働く政治家を増やす算段をした方がいいですよ。

議員の定数削減が良いこととは思い込まない。
地方分権もそれだけならよい事のように思えるけど外国人参政権を
ゲットしようとする外国人がいる限りは、危険です。

特にマスコミが押している事は、一見良い事に見せかけながら、
危険なトラップが隠れているから、気をつけましょう。

ウチの県は選挙区が一つ減りました。
つまり私たちの代表者が一人減ったわけです。
これは国民にとって良いことなのか。

posted by はなまる at 23:29 | 日記