女子差別撤廃委と中国
国連の女子差別撤廃委が、女系天皇を認めるべきと皇室典範にまで
文句つけようとして日本政府の抗議で削除しました。

今回の最終見解とやらは、日本人にとって許せない
主権侵害と不公平な偏見に満ちていました。

女子差別撤廃委の委員長は日本人の女性弁護士って事ですが
サヨクの弁護士って反日ですからね。
委員会の中には中国人もいて今回も中国人委員が
主導したのは間違いないでしょう。

中国の王毅外相はこう言ってます。
「中国の発展を前に、中国を友とするか敵とするか。パートナーとするか競争相手とするか。日本はこの問題を真剣に考え、理解しなければならない」

中国を友とするか敵とするかってそりゃ敵でしょう。
パートナーとするか競争相手とするかというなら競争相手ですね。
その前に中国がこれからも発展するかどうかは分かりませんが。

posted by はなまる at 18:54 | 日記