国連の実態 パラレルイベント
杉田水脈前衆議院議員が、国連で「韓国軍の蛮行やライダイハン」を
指摘すると金髪女性に「もし貴女が今日の帰りにレイプされたら、
貴女は性奴隷です。貴女はどうしますか?」と脅されたそうですよ。
http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8533146.html

このブログを見ると明らかに意図的なダブルブッキングを仕掛られ
観衆は全員韓国、中国に洗脳された桜ばかりで会場からの
質疑応答はルールも時間も守らず言いたい放題。

ベトナムでの韓国軍の蛮行やライダイハンの問題を指摘すると
韓国人の聴衆はみんな退場、あげくに金髪女性の嫌がらせ。

これが国連の実態ですって。
中韓が長年やってきたロビー活動のおかげですっかり
中韓の捏造が国連に浸透しているようです。

また沖縄の所謂、基地反対派も中韓に負けていません。
島ぐるみ会議国連部会長の島袋純琉大教授は「国連特別報告者による通報は日本政府への圧力となり、じわじわと効果が出るものと考える。沖縄の問題に国際社会の関心を引き寄せる大きな一歩だと考え、今後も国連への情報提供を継続したい」と意義を語った。

沖縄のパヨクなんて、背後に居るのは中韓ですからね。
やる事も一緒、国連を日本への圧力に使っています。

でもこうなったのは日本にも非があるんですよ。
まず国連に訴える左翼弁護士などは一応は日本人です。
日本人が日本の非を訴えれば、国連の人も信用するでしょう。

また中韓は長年たっぷりお金をかけ、ロビー活動をして
国連関係者を味方にしてきたわけです。

日本は莫大な負担金を出しながら、自らの主張もせず
中韓のロビー活動を黙って見ていただけ。
こういう態度がいけなかったんです。

国連は公正な機関ではなく、中韓が反日のために国連を
利用している事を日本人が知る事が大事ですね。
そして政府も民間人も国連や国際社会に情報発信しなきゃ。

中韓やサヨクがやっている事を政府や保守の人もやるべきで
しんどくても相手に負けずに反論する事が大事なんですよ。
杉田水脈氏はその第一歩を進めたわけです。

敵の妨害は強く多難ですが外務省がやらなかった事を
女性がやり始めた事は尊敬するし応援したいですね。
杉田水脈氏がまた国会議員になる事を祈ります。

国連の実態を知れば知るほど、国連に分担金を払うのが
馬鹿らしく、国連を脱退しろという意見があるのも当然です。
でも国連脱退は損ですよ。

莫大な分担金に見合うだけの発言力を日本は持つべきです。
その為の策をめぐらし活動すべきですね。

なでしこ復活 [ 杉田水脈 ]
posted by はなまる at 17:32 | 日記