自公のヘイトスピーチ規制法案
私は自民党がヘイトスピーチ規制法を検討すると聞き
どうなるか心配でしたがこの記事を読んでチヨット安心。

ヘイトスピーチ規制、自公が法案検討
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H25_V20C16A3PP8000/
司法取引を導入する刑事訴訟法改正案の参院審議で、野党がヘイトスピーチ法案の審議を条件にしているため、刑訴法改正案の審議促進のため法案を検討する。ただ内容はヘイトスピーチの定義などを明確にするのにとどめる見通しだ。

野党がヘイトスピーチ法案の審議しないと刑事訴訟法改正案も
審議しないとダダをこねているんですね。
これは野党が良く使う手ですよ。
だから野党の数が多いと審議が進まないし、変な妥協もするんです。

与党のヘイトスピーチ案は「表現の自由」に配慮し、解消に向けた
相談体制の整備や、教育の充実、啓発活動などで対応するそうで
罰則や規制はないようです。

自公案によるヘイトスピーチの定義は
「公然と、生命や身体、自由や財産などに危害を加えることを告知するなど、日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160331/k10010462911000.html

じゃあ外国人の日本人に対するヘイトはヘイトスピーチじゃないのか !?
と言いたい所ですが、その前にえらく定義がはっきりしていますね。
公然と、生命や身体、自由や財産などに危害を加えることを告知する
そりゃ、例え不法滞在者でも、外国人に殺すぞとか言うのはいかんわ。
アナタは不法滞在者だから帰国すべきはOKね。
在日コリアンは韓国で生活保護を貰うべきもOKかな。

民進党などが出したヘイトスピーチ規正法はあきらかに
在日コリアンへの批判を封じ日本人の言論弾圧を狙ったものです。
それに比べれば自公案は、はるかにマシでしょう。

しかし外国人の日本人へのヘイトもなんとかして !
posted by はなまる at 18:25 | 日記