さよならパヨク チバレイが見た左翼の実態
元アイドルでヨガ教師千葉麗子さんが“パヨク”の実態暴露本 

さよならパヨク チバレイが見た左翼の実態

千葉麗子さんも実体験した反原発デモ痛感した独善的体質
「今年から選挙権年齢が18歳に引き下げられますが、若い人には、横文字の学生グループなどにカッコ良さを感じて、デモに行かないでほしい。左翼に近づくのは本当に危険。見せかけの美しい言葉で人々をおかしな方向に誘導し、国や社会、他人の人生を破壊するのが『パヨク』です
科学的根拠も示さず「福島には住めない」などと風評被害をまき散らし「むしろ、この人たちが福島県民を傷つけている」「国会前などのデモが、共産党関係者ばかりになるのに気づき、私は『やり方がおかしくない?』と疑問をぶつけました。でも、誰も聞く耳を持たない。異なる意見には一切耳を傾けないのが彼らの本性です。それで約2年前、私は国会前でマイクを握っている最中に『もうやってらんねぇよ!』と叫び、マイクを投げ捨てました」


実際に運動に参加していた人だから、納得できる言葉ですね。
千葉麗子さんはパヨクから離れると執拗な嫌がらせを受けたとか。
ストーカーみたいですね。
そういえばストーカーは勝手に思いこんで執拗な嫌がらせをする
あの人達に似ている。パヨクも同じ体質というか同じ血の人かも。
posted by はなまる at 18:00 | 日記