共産党の正体
民進党+共産党の野党共闘は失敗に終わりました。
しかし共産党は民進党の票を食って勢力を伸ばすかもしれない。
非常に危険だと思います。

安倍内閣は3月22日の閣議で鈴木貴子衆院議員の質問主意書に対し
日本共産党は「現在でも破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」
「暴力革命の方針に変更はない」という答弁書を出しています。

共産党の小池議員が「自分も志位委員長も人を殺すような顔に見えるか」
と言ったら、サイトのコメント欄はすべてが[yes]だったそうな。
昔、共産党系の極サが起こした数々のテロ、殺人、ウチゲバなど
その体質は変わってはいません。
自分達が権力を握ればやりたい放題、他者の人権を踏みにじるでしょう。


余命3年時事日記より
中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書。内容は中国共産党が革命工作員に指示した陰謀で、当時から現在に至る迄、中国の対日謀略は秘密文書の通りに続いているとみられる。同年8月、国民新聞社は特集記事を掲載し、更に小冊子を発行したが、重要と思われるのでここに再録する。

A−1.基本戦略
我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。
A−2.解放工作組の任務
日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。
イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)
口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)
ハ.日本人民民主共和国の樹立・天皇を戦犯の首魁として処刑(第三期工作の目標)←←←←注目!!!!!!!!
田中内閣の成立以降の日本解放第二期工作組の任務は、上の第口項、即ち「民主連合政府の形成」の準備工作を完成することにある。
A−3.任務達成の手段
本工作組の任務は、工作員が個別に対象者に接触して、所定の言動を、その対象者に行わしめることによって達成される。
即ち、工作者は最終行動者ではなく、隠れた施行者、見えざる指揮者であらねばならない。
以下に示す要領は、全て対象者になさしめる言動の原則を示すものである。
本工作の成否は、終始、秘密を保持しうるかどうかに懸かっている。よって、工作員全員の日本入国身分の偽装、並びに工作上の秘密保持方法については、別途に細則を以て指示する。 (引用ここまで)

ジャパニズム(29)
価格:1000円(税込、送料無料)



posted by はなまる at 15:48 | 日記