稲田防衛相・靖国参拝見送り
稲田防衛相が毎年続けていた8/15日の靖国参拝を
見送ることになりました。
稲田防衛相は13〜16日アフリカのジブチを訪問するそうです。
http://www.j-cast.com/2016/08/13275147.html

稲田防衛相の8/15日靖国参拝はかなり注目されていました。
ジブチへはソマリア沖の海賊対策にあたる海上自衛隊の拠点を
視察するために行くんですが、なんか逃げたという印象ですね。

まあ仕事の都合でどうでも8/15日に行く必要はないけど
どうしても中国や韓国に遠慮したと思われてしまう。
一応タカ派の稲田氏は保守派の期待に添えず失望されたわけです。

中国も韓国も北朝鮮も日本にあれだけ好き勝手な事をしているのに
日本だけがいつも気を使い譲歩するってどうなんでしょ。
神社にお参りする事さえ、文句つけられてそれに従うなんてね。

私は稲田氏が絶対参拝すべきだとは思いませんよ。
でも靖国を政治利用する中国や韓国や北朝鮮が許せない。
そんな横暴に屈してきた歴代内閣が許せない。

政治に駆け引きは当然ですが靖国を使うな ! って事です。
そもそも日本人が神社へお参りするのは当然
政治家が国に殉じた人の為に祈るのは当然。
一々それをニュースにして批判するマスコミも許せませんね。

稲田防衛相には中国・韓国・北朝鮮から強い批判があり
日本のマスコミはネオナチだの右翼だのと誹謗中傷を
国際社会にまき散らしました。

そうした捏造を払拭する為にも靖国参拝は一時控える方が
政治的に有利という内閣の判断かもしれない。
韓国との慰安婦合意も政治的には有効なんでしょう。
それでも売春婦像をそのままにしてお金を渡すのは
釈然としませんよね。

あのヘイト法といい政府にはがっかりさせられます。
政権を支える保守党ががっかりしていることを
与党も内閣も軽く考えちゃだめですよ。

支持者を喜ばせる事もしてくださいね。
テロ三法とかマイナンバーみたいにそれとは分からず
在日を追いつめる仕掛けが裏で進んでいるのなら
いいんですけどね。
posted by はなまる at 21:42 | 安倍内閣