共産党はテロリストの味方
行橋市の小坪慎也議員のブログをちょくちょく拝見し
時には、参考にさせて頂いてます。
https://samurai20.jp/2016/09/iro-look-now/

その小坪慎也議員に卑劣な脅迫があった事。
そしてなぜか小坪慎也議員に対し
「謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。」
という共産党の動議が議会で通ってしまいました。

謝罪 ? 小坪慎也議員はなにも謝罪するような事はしていません。
問題なるような発言もありません。
そりゃ共産党やら、パヨクやらに都合の悪い発言はしたかもね。
おそらくその発言が非常に的を得ていたんでしょ。
だからテロ予告で脅迫したんです。

民主的な議会は小坪慎也議員の言論の自由を守るべきです。
逆にこんな動議を通してしまうなんて絶対許せません。
私の個人的感想ではこの緊急動議を出した徳永克子共産党市議
テロ脅迫犯とグルです。あくまで感想ですので証拠はないですよ。

テロ脅迫犯に屈した行橋市議会は情けないね、恥を知れ !
これが共産党の正体です。

行橋市議会議長  諫 山  直 様

小坪慎也議員に対する決議 (案)

 9月8日に、行橋市役所に脅迫の電話があった。この事により、市民に対し、また、市当局や議会においても多大な迷惑を及ぼした。この「脅迫事件」は決して許されるべきものではない。
 これは、小坪慎也議員が、平成28年4月に熊本地震が発生した際、差別的にとらえられるSNSでの意見発表を行った事を発端としている。
 公人である市議会議員は、住民を代表する立場にあり、議会外の活動であっても良識ある言動が求められるのは当然である。
 市民・国民に迷惑を及ぼすような意見の表明は、行橋市議会の信用が傷つけられたものといわざるを得ない。
 行橋市議会は、小坪慎也議員が品位を汚すことの無いよう、公人としての立場をわきまえる事を求めると共に、謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。
以上、決議する。

平成28年9月12日

行 橋 市 議 会

posted by はなまる at 16:49 | 日記