小野田紀美議員の二重国籍問題
小野田紀美議員の二重国籍問題ですが蓮舫氏とは違い
情状酌量の余地ありって感じですね。

しかし国会議員に立候補する時はこうしたことは
きちんと慎重に対処するべきです。
与党ならばなおさらです。
知識がなかったでは済まない。
小野田紀美議員は辞職してほしいですね。


自民からも二重国籍者がでたから蓮舫氏の問題もこれで終わり
にしたいでしょうがそうはいかんぜ。
蓮舫氏のウソと誤魔化し、台湾籍抹消も本人が言ってるだけで
証拠の書類一つ出してない。

何より民主党が政権取ったとき、事業仕分けと称して
日本の命綱である研究開発費を切りまくった事は忘れません。

今日の国会で偉そうに憲法問題を取り上げ安倍総理逃げるな
と言ったがそっちこそ、もう逃げられないからね。
松岡大臣を追い詰めて死に追いやった事は決して許さない。

二重国籍に関する小野田議員のFacebookから。

小野田紀美です。

国籍について、一部マスコミから取材がありましたので、経緯をご説明させて頂きます。

私は出生がアメリカ合衆国ですので、生まれた時から米国籍を有しておりました。成人した後に、どちらかの国籍を選ぶための通知書が送られてくると親に聞いておりましたが、結局その通知はこず、25歳前後の頃不安に思い外務省に確認したところ、日本のパスポートを使い日本の戸籍謄本があるならば日本国籍を失っていないから大丈夫だという回答を頂き、私は日本人になれたのだと解釈しておりました。
しかし、昨年(平成27年)、参議院議員に立候補を決意するにあたり万が一があってはならないと再度確認したところ、やはり自分で手続きをしなくては選択したことにならないと判明したため、立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております(画像参照 )。
それで手続きは無事終了したと思っておりましたが、今回の蓮舫議員の二重国籍問題報道を受け、今一度詳細を調査したところ、米国の法においての放棄ができていなかったという経緯でございます。現在は、米国においての国籍放棄の手続きを進めております。私の知識不足でアメリカ国内での手続きという努力義務が完了できていなかったことにつきまして、皆様をご不安にさせてしまい大変申し訳ございませんでした。今後はこのようなご心配をおかけすることがないように、さらに慎重に手続きを行ってまいります。

やはり二重国籍に対しては罰則付きの法律を作る事ですね。
22歳までに日本国籍を選択しない場合は日本籍抹消。
その後は不法滞在者として扱うとかね。
posted by はなまる at 16:56 | 安倍内閣