呪いの招待状
AIIBの第2回年次総会が韓国で開幕しましたが
なぜかソウルの日本大使館にAIIB総会の招待状が届いたとか。
AIIBに参加していない日本は丁重にお断りしたとか。
招待状を出したのはどうも韓国のようです。

中国主導のAIIBは、いまだに出資金がろくに集まらず
大きな事業はやっていません。
そして中国はいまだに日本にAIIB参加を呼び掛けています。

AIIBは中国の国策である「一路一帯」を資金面から支えるための
投資銀行です。そして「一路一帯」は中国中心の覇権主義です。
なんでそんなものに日本が参加する必要があるでしょうか。

チャイナハラスメント [ 松原邦久 ]

自分の国策くらい自分で金を出せ !
他人の金で中国中心の覇権主義をやろうなんて図々しいを
通り超えてアホかと言いたいです。

処が日本にはAIIBに参加せよという人が一杯いる。
政治家やらマスコミやら評論家やらわんさか。
こういう人は日本の敵だから覚えておきましょ。

安倍総理は「一路一帯」に協力する条件として
「万人が利用できるよう開かれており、透明で公正な調達によって整備されることが重要」「プロジェクトに経済性があり、そして、借入れをして整備する国にとって債務が返済可能で、財政の健全性が損なわれないことが不可欠」

など中国には絶対無理な事を提示しました。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0605speech.html

マスコミは安倍総理が「一路一帯」に協力する可能性を
初めてが示したと報道したけどむしろ婉曲な断りでしょ。
米国もAIIB総会への招待は断ったとか、当然ね。

AIIBへの参加を促してた人達(他サイトからお借りしました)
・政治家
二階俊博、河野洋平、福田康夫、石原伸晃、岡田克也、辻元清美、藤井裕久、志位和夫、江田憲司、小沢鋭仁、藤末健三、蓮舫、浜田和幸、福山哲郎 、田中秀征、大串博志
・コメンテーター、ジャーナリスト
孫崎享、天木直人、田中均、古賀茂明、須田慎一郎、伊藤惇夫、青木理、姫田小夏、莫邦富
内田樹、岩上安身、高野孟、佐藤正明、田中康夫、ふるまいよしこ、姜尚中、近藤大介

記者、アナウンサー
川村晃司、岸井成格、龍崎孝、与良正男、福本容子、恵村順一郎、加藤青延
・テレビ、新聞等、通信社
NHK、TBS、テレビ朝日、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞、日本経済新聞、中日新聞、西日本新聞、北海道新聞、信濃毎日新聞、茨城新聞、宮崎日日新聞、沖縄タイムス、琉球新報、東洋経済、日刊ゲンダイ、ポストセブン、共同通信、ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、週刊エコノミスト
・経営コンサルタント、シンクタンク
小宮一慶、副島隆彦、宋 文洲、岡崎研究所、倉都康行、瀬口清之、凌星光
・経済学者
船橋洋一、塚田俊三、矢吹晋、上久保誠人、宿輪純一、金子勝、河合正弘、朱建栄、大庭三枝
posted by はなまる at 17:43 | 安倍内閣