テレビ見てたら負け組
百田尚樹氏が代表の「放送法遵守を求める視聴者の会」は、
閉会中審査の報道を7/10、11の30番組、8時間45分の全放送を調査し、
前川氏(行政が歪められた)2時間33分、
加戸氏(歪められた行政が正された)6分、
原氏(規制緩和のプロセスに一点の曇りもない)2分
だったと発表しました。
マスコミの偏向が具体的に明らかにされたわけです。

こうしたマスコミに対して一番効果があるのはスポンサーへの
問合わせです。抗議ではなくあくまで問い合わせ。
そしてその対応によって、そのスポンサーの製品を
不買したり逆に積極的に購入します。

例えばひるおびを降りた再春館の製品を買うとか
ニュース女子や虎ノ門ニュースを作るDHCを買うとか
旅行した時はアパホテルに泊まるとか。

買うまでには至らなくても、企業姿勢によって
褒めたり、人に勧めたり、逆に批判したり。
みんながネットでやれば効果があると思います。

実業家の夏野剛氏と津田大介氏
https://www.youtube.com/watch?v=oX_IvFhklmU
夏野剛 この加計の問題ってのをどうみるか
津田大介 いきなりいきますか
夏野 これは僕は捏造の問題だと思う
津田 フェイクニュースであると
夏野 フェイクニュース。これは朝日新聞のフェイク。
つまり、検察動いてないから。
(中略)
津田 いや、あえて反論するわけじゃないですけど、じゃ、朝日新聞が造ったフェイクニュースなんだったら、読売産経は否定するわけじゃないですか
夏野 それがね、僕もテレビ出てる人間として、これがね、テレビ番組のディレクターとかにね「加計の問題とか全然関係ないじゃないですか」とか言ったらね、「いや、そうなんですけど、このビッグウェーブに乗らなきゃ」って
津田 フジテレビの話ですね。とくダネのスタッフは、そんなこれ問題じゃないと思ってるけど、こりゃやるしかないと
夏野 バンキシャ
津田 やるしかないと。バンキシャもやるしかないと。安倍を降ろすしかないと
夏野 他の新聞社もみんな一緒よ。乗るっきゃない。で、ここにある話ってのは何かと言うとね。結局ですね、今テレビや新聞読んでる人は誰って話なの。誰って聞かれりゃあ、そりゃね、60、70、80の高齢者で。こいつら基本的に60、70、80でテレビ見てるってことはどういうことか。これは簡単なんです。負け組なんです。


ビッグウェーブに乗ってフェイクニュースで安倍降ろしだって。
60、70、80の高齢者でテレビ見てる人は負け組ですって。
マスコミのせいで日本まで負け組になってはたまらない。
調子に乗ったマスコミが気が付いたら一番の負け組になって欲しい。
posted by はなまる at 16:05 | 日記