在韓邦人保護対策
現在、韓国には日本人の長期滞在者が約3万8000人、
観光目的などの短期滞在者が約1万9000人。
政府関係者によれば「米国の軍事攻撃となれば、その方針が
公になっていなくても日本政府の判断で退避に向けて動く」

(1)不要不急の渡航中止要請
まず韓国に行かない事です。何もなくても反日国に行くことはない。

(2)渡航中止勧告
企業も大事な社員を韓国に送ってはダメ。

(3)退避勧告
勧告が無くても特に女性や子供は退避しましょう。
韓国で動乱が起きれば間違いなく被害を受けます。

(4)退避所での待機など――
北朝鮮が韓国に大規模な攻撃をし、韓国内の空港が閉鎖された場合
ソウルの日本大使館は在韓邦人に自宅にとどまったり、
韓国南部など安全な地域に退避したりするよう呼びかける。
すでに日本政府は韓国内の900箇所以上の避難所の情報を
韓国滞在の日本人に提供しているようです。
在韓米軍に輸送を頼み釜山からは自衛隊の船舶も含めた手段で
日本に送るという手順ですね。

日本人保護は当然として大切なのはここ↓
また日本政府は、朝鮮半島の不安な状況を利用してテロリストなどが日本に入国する可能性も排除できないと見て、米国と連携して不法入国者をブロックすることにも力を入れることにした。

多分難民やらテロリストが押しかけてきますよ。
難民であっても反日韓国人は日本に入れるべきではない。
今日本にいるコリアンもどうすべきか考えるべきです。

国内が乱れると必ず暴動やら犯罪を起こしますよ。

posted by はなまる at 17:38 | 日記