「今必要なのは対話ではなく圧力」
安倍総理の国連演説
第72回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説
http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/unp_a/page4_003327.html
議長、同僚の皆さま、このたびの危機は、独裁者の誰彼が大量破壊兵器を手に入れようとするたび、われわれがくぐってきたものと質において、次元の異なるものです。
 北朝鮮の核兵器は水爆になったか、なろうとしている。その運搬手段は早晩、大陸間弾道ミサイル(ICBM)になるだろう。冷戦が終わって二十有余年、われわれは、この間、どこの独裁者にここまで放恣にさせたでしょう。北朝鮮にだけは、われわれは結果として許してしまった。それはわれわれの目の前の現実です。かつ、これをもたらしたのは「対話」の不足では断じてありません。対話とは、北朝鮮にとって、われわれを欺き、時間を稼ぐため、むしろ最良の手段だった。何よりそれを次の事実が証明します。すなわち94年、北朝鮮に核兵器はなく、弾道ミサイルの技術も成熟にほど遠かった。それが今、水爆とICBMを手に入れようとしているのです。対話による問題解決の試みは、一再ならず、無に帰した。何の成算あって、われわれは三度、同じ過ちを繰り返そうというのでしょう。北朝鮮に全ての核・弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で放棄させなくてはなりません。そのため必要なのは、対話ではない。圧力なのです。


まあ私もそう思いますがね。
日本はまず国内でやる事があるでしょう。
それにいつまでもアメリカ頼みでは情けない。

やはり解散の大義は北朝鮮に対処するための憲法改正ですよ。
本当は解散に大義なんていらないと思うけどね。
国会議員の任期は後一年余り。
ここまで来たら勝てる時期を総理が判断して解散するもんです。
マスコミや野党は大義大義と煩いんだよ。
どうせ次の国会でもモリカケしかやらない癖に。
そんな事で国会空転なら選挙したほうがマシでしょう。

次の選挙で売国政治家を出来るだけ多く落選させるのが真の大義
失敗すれば日本も終わりだよね。
posted by はなまる at 23:15 | 安倍内閣