立民、カジノ法「廃止」 法案提出へ
立民は共謀罪だけでなくカジノを中心とする統合型リゾート施設
(IR)整備推進法を廃止する法案を出すようです。
ギャンブル依存症対策を強化する法案も一緒ですって。

そもそもカジノもない日本でギャンブル依存症が多いのは
パチンコというギャンブルがそこら中にあるからです。
質の悪い賭博でありながら庶民の娯楽の仮面を被り
駅前に堂々と営業し、子連れの主婦まで平気で立ち寄ってしまう。

パチンコ業界はほぼ在日コリアンが仕切ってます。
日本人を賭博づけにして吸い取ったお金の一部は北朝鮮の
ミサイルに化けて日本を脅かしいる。

安倍内閣は少しづつパチンコへの規制を強めてきましたが
やっとパチンコを潰す決意をしたようです。
(IR)整備推進法でカジノを作り警察庁の天下り先を
パチンコからカジノに移行させ、町からパチンコを消してしまう。
三店方式の換金を禁止すればパチンコは消滅でしょう。

政府には是非その方向でやって欲しいですね。
パチンコをはじめ在日に支えられている野党やマスコミは
必死に抵抗するでしょうが、負けるな !
posted by はなまる at 21:34 | 日記