サンフランシスコ市長にKの法則
サンフランシスコのエドウィン・リー市長の突然の訃報には
ビックリしましたね。これはKの法則か・・・
ネットでは暗殺されたという噂もありますね。
エドウィン・リー市長にはかなり黒い噂があり、捜査の手が
伸びる寸前で口をふさがれたって話ですが・・・

まあそれはともかくサンフランシスコは昔から中国系や韓国系が
多く反日運動の拠点で捏造慰安婦像の設置を認めただけでなく、
来年からサンフランシスコの学校教育で教えようとしていたようです。

なぜ捏造話を学校まで教えようとするのか、ちやんと調査すれば
それが嘘である事は分かるのにです。
慰安婦では表に立っているのは韓国人ですが実は中国が黒幕です。

エドウィン・リー市長は両親とも中国人。
アメリカに移り住みアメリカで育っても中国系や韓国系は
反日で平気で嘘をつくんですね。

フィリピンでも中国系によって慰安婦像が建てられました。
日本人としては、慰安婦強制連行が嘘であり、当時の売春婦に対し
出来るだけの配慮をしてきた事を国際社会で訴えるべきです。

サンフランシスコ市と姉妹都市であった大阪市議会はようやく
少女像受け入れに反対する決議を大阪維新の会、自民、公明両党の
賛成多数で可決しました。

大阪自民もやっと反対決議に踏ん切りましたね。
おそらく大阪市民の働きかけがあったんでしょう。
利権ばかり見て、日本の名誉をないがしろにすると
東京自民の二の舞になりますよ。

大阪の吉村市長はサ市との姉妹都市解消を正式決定する
意向を示しましたがリー市長の急死でどうなるか。
是非、正式決定してほしいですね。

そして日本人は中国や韓国に対して甘い期待は持たない事です。
北朝鮮だけでなく中国も韓国も日本の敵ですから。
これまでのような沈黙では相手の思うつぼですよ。
東京もソウルとの姉妹都市を解消して欲しいわ。

posted by はなまる at 19:05 | 日記