どうなる米朝会談
米朝会談する ! って決めてから、米国の担当者が
次々変わりました。
マクマスター国家安全保障補佐官を解任し、
後任は超強硬派ボルトン元国連駐在大使。
国務長官に米中央情報局(CIA)のポンペオ長官。

二人とも「北朝鮮が対話によって核廃棄に応じる可能性は低い」
北朝鮮の核問題を解決するには最悪の場合、軍事オプションを
選択すべきと主張してきた人達です。

この人達がチームとなって北朝鮮と対峙するわけで
これは・・・
北朝鮮に対する強烈なメッセージですね。
トランプさんは凄いわ。本気見せてます。

米軍は在韓アメリカ人をアメリカに避難させる訓練も行うとか。
つまり日本の米軍基地も北から攻撃される恐れがあるって事です。
日本も充分な備えをするべきでしょう。

こんな時にモリトモなんぞやってる場合かとおもいますが
むしろだからこそ、日本の備えを邪魔するために
モリトモを騒ぎまくり国会審議を遅らせ倒閣しようとしているのね。
posted by はなまる at 18:06 | 日記