面従腹背は役人必須の技術
面従腹背ねぇ。
これでは政治家も大変ね。
何かをやろうとしても官僚は気に入らなければ動かない。

「安倍晋三首相の嘘つきは証明されている」 前川喜平前文科次官が講演 
「面従腹背は役人必須の技術」と強調
http://www.sankei.com/politics/news/180711/plt1807110029-n1.html

安倍総理がいつ獣医学部新設の計画を知ったのかは知らないけど
前川喜平前文科次官が暴力団が経営する出会い系バーに通い
補助金を利用して天下りを斡旋していた事は事実です。

獣医学部が半世紀も新設されなかったのは政府の誤りではなく
文科省と獣医師会の癒着のせいで政府もその岩盤規制を崩せなかった。
官僚は自分達の権益を守る為あんなことまでするんだね。

前川という人はひたすら気味が悪い。不気味です。
文科省の役人はみんなこういう人ばかりなのかしら。
つい先日も補助金の便宜を図って息子を裏口入学させた
局長がいましたね。

これは文科省の官僚だけの問題じゃないでしょう。
補助金やら認可やらを利用して自分達の利益を図ってた。
全ての省庁、官僚がこうでしょう。
ほんとに伏魔殿よね。

私は以前政治家と違い官僚は信用できると思ってました。
政治家は汚職をしても官僚は国の為に仕事をしていると思ってた。
まあバカだった。政治家も官僚も信用は出来ないのね。

官僚は政治家と違い国民は選べない。
だから余計に質が悪いわ。
posted by はなまる at 21:29 | 日記