野田総務相と文科省の闇
文科省はさすがあのビーチ前川氏がトップだっただけに
腐敗の巣窟だったようです。
前川氏と一緒に出会い系に入り浸った文科省官僚もいたはず。

佐野太前科学技術・学術政策局長の収賄を捜査中に
川端和明国際統括官の不正行為が浮かび上がりました。
この二人に取り入ったのは「医療コンサルタント」谷口浩司氏。

谷口氏と関係があるのは立憲民主党の吉田統彦衆議院議員や
国民民主党の羽田雄一郎議員です。

民民や立憲と関係あるからマスコミはあまり騒ぎませんね。
ちなみに前川系は旧文部省、佐野・川端氏らは科学技術庁出身。
なにやら派閥争いもある感じですね。

補助金を餌に天下りなどの利権を恣にしていた
という点ではどちらも同じでしょう。
こんな連中が日本の教育を支配するなんて間違いです。

野田総務相は金融庁に圧力をかける為、GACKTコインを扱う
ビットコインの業者と同席して金融庁に直談判しました。
野田大臣の在日韓国人の夫がこの業者とかかわりがあるとか。


野田総務相は問題ないと言っていますが大変な問題でしょう。
しかしこれもマスコミは妙にだんまりですね。
安倍内閣の閣僚なのにねぇ。

野田総務相はきっとマスコミとも親密なんでしょう。
総務省は放送法などマスコミの利害に直結してますしね。

マスコミに叩かれない政治家は危険です。




posted by はなまる at 18:27 | 日記