月刊Hanada9月号
月刊Hanada9月号は興味深いです。
籠池佳茂氏と小川榮太郎氏の対談で色々な暴露話をしています。
まあおそらくそうだろうって話を当事者がはっきり認めた。
それが大きいですね。

籠池氏の裁判費用は民団が出すんだって。
あのモリカケは韓国の朴大統領失脚と同じストーリーで
日本人の感覚では変な事ばかり。
でもテレビ脳だとそれに気が付かない人もいるからねぇ。


籠池氏に取り入った 菅野完氏はアメリカでDV事件を起こして
日本に逃げ帰ったとか、日本でもレイプ事件を起こしています。

野党4党と籠池氏の会談で何を話したか、菅野氏はどう動いたか
マスコミと野党の出来損ないの陰謀劇に民団が絡んでいた。
判っていたけど当事者からの証言は貴重でしょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊Hanada2018年9月号【電子書籍】
価格:700円 (2018/7/31時点)


posted by はなまる at 14:23 | 日記