安倍総理の外交
日中スワップには納得できないけど中国は日本にとって
無視できない相手ではあるでしょう。
アメリカのように正面切って喧嘩はできないし。

これが安倍総理が提示した「新3原則」
「競争から協調へ」「脅威ではなくパートナー」「自由で公正な貿易体制の発展」
https://www.sankei.com/politics/news/181028/plt1810280003-n1.html

中国側も了承したそうですがまあ約束は守らない国だからね。
日本が弱ければ、平気で約束なんか踏みにじりますよ。
その意味でも日本は侮られないしっかりした国であるべきです。


今回河野外相が中国側に尖閣周辺ブイの撤去要求しました。
日中は東シナ海を「平和、協力、友好の海」にすることを確認。
安倍総理も中国の人権問題にも触れたようです。


そして29日にはインドのモディ首相モディ首相と会談
https://www.sankei.com/world/news/181027/wor1810270019-n1.html
28日は安倍晋三首相の招きで首相自身の山梨県鳴沢村の別荘を訪れ、29日に首脳会談に臨む。
安倍首相が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」のもと、両国は安全保障面での連携や、経済面での協力関係を強化させたい考えだ。

・・・両首脳の会談は12回目で、個人的な結びつきも強く、安倍首相が海外首脳を別荘でもてなすのは異例の厚遇だ。


外交というのは一部分だけを見てもダメなんでしょうね。
一連の動きや全体像を見なければ評価できない。

嫌いだから信用できないから話し合いもしないというのでは
それこそ戦争になっちゃうかもしれないし。

私なんか嫌いな人とはなるべく顔合わせないように
うっかり顔を合わしたら挨拶だけするか気づかないようにするけど
国と国はそれでは済まないんでしょう。

外交は社交ではないし、友好を築くものでもない。
国の利害をかけてやるもの。
血を流さない戦争ですもんね。
外交が下手な国は戦争にも負けるんだわ。

まあ中国が用日の為に近づいているんだから
日本も用中すればいい。

月刊Hanada 2018年 12月号 [雑誌]



posted by はなまる at 19:12 | 安倍内閣