入管法改正は移民法案 ?
入管法改正は実質移民の解禁か ?
野党は激しく反対していますね。

人手不足だからこそから賃金も上がる
機械化や省力化の投資も増える。
いま不足しているのはきつくて賃金が安い仕事でしょう。
そういう仕事に研修生という名目で安い労働力を入れ
その為、多くの研修生が行方をくらましています。

外国人にしてみれば稼ぐ為に日本に来たのに安いキツイでは
逃げ出したくなるし日本に対する印象も悪くなる。
これでは治安だって悪くなりますよ。

青山繁晴議員の推測では安倍総理は
「入管法改正によって最大でも34万人から35万人の外国人労働者が
入るだけであり、あくまで限定数の労働者だ。移民でもなければ難民でもない」
と思っているのかも。実際今でも34万人は入っているそうですよ。

一方で入管法改正は「出入国在留管理庁の設置」で
「在留者」の管理を厳しくすることも盛り込んでいます。
この点は既に維新の足立議員がマイナンバーを活用すべし
と言っていますね。


安倍総理の本音はむしろこちらにあるのではないか ?
入管改正法案で現在野放図になってる企業研修制度を完全に
潰せるという意見もあります。
悪質ブローカー利用の会社は外国人材受け入れを5年間認めず
というニュースがありました。

外国人を雇うなら厳しい条件をつけて、日本人と同じ待遇にして
これを機に不良外人を追い出してしまう。
これなら私も納得できます。

一説では政府がこれを急ぐのは近いうちに朝鮮戦争の終戦が行われる
可能性が高く滞在許可と永住許可の線引きを明確にする必要がある

からではないか?を という意見もあります。

だとすれば・・・
移民法案などと言ってマスコミや野党が反対するのは当然ですね。

保険証は顔つきにし日本語学校も厳しく審査する事も検討中。
これは是非とも実現させてほしい。
安倍総理は狸じゃない策士だわ。それを期待したいと思います。

日本にはまだまだ主婦や高齢者、引きこもりの若者など
眠っている人材は多いですよ。
高い賃金と働き方改革でこの人たちの眠りを覚ましてね。

posted by はなまる at 17:45 | 安倍内閣