今季国会の成果は ?
今季国会で外国人労働者受入れに関する入国管理法改正案や
改正サイバーセキュリティ基本法、天皇即位日祝日法、改正水道法や
日EU・EPAなど重要な法律・条約が成立・承認されました。

中には賛否別れる法案もありましたね。
改正水道は反対の人が特に保守の間で多いようです。
入国管理法改正案は外国人労働者の拡大は私はあくまで反対です。
しかし一方で外国人の管理も厳しくはなっている。
この点ではもっと国会で突っ込んだ議論をしてもっと
厳しくすべき点は厳しくして欲しかった。

でもまともに法案の審議をした野党は維新だけ。
立憲その他は相変わらず大臣やら議長やらの不信任決議とか
不毛な事ばかりしていました。

研修生が低い賃金でこき使われて多数が行方不明になってる事が
国会で問題にされたのは良い事です。これは改善すべきです。
でも今の研修生制度は民主党政権の時に改定されたはず。
つまりかつて民主党だった野党に責任があるんですよ。
それを棚に上げて全てを安倍内閣の責任のように追及するって
・・・いつもの事ですね。


野党が入国管理法改正案にあれほど反対したのは安倍内閣の
足を引っ張るためなのか、それとも、野党にとって都合の悪い
法案だったのか、民主系の野党にとって外国人労働者の拡大は
賛成こそすれ反対の訳はない。

韓国や中国から大量の労働者を受け入れるのは彼らの望む処。
大量の外国人を入れて日本を混乱させ最終的に乗っ取るのが
売国野党のバックにいる連中の望みでしょう。
民主党時代に甘甘にした入国管理を厳しくするのは反対の筈。

安倍内閣のやる事には納得できなくても、
では誰に政権をまかせればいいのか。
野党なんてもっての外。

自民党内でも石破氏とか野田聖子氏が総理になったら大変。
今のところは安倍総理に任せるしかないけど・・・

日韓合意に私は反対だったけどあれを韓国が破った事で
外交的には日本の得にはなっています。
入国管理法も不法滞在者や不良外国人の国外退去に
役立てばいいですけどね。

社会保障や保険制度も外国人に食い物にされないように
しっかり制度改正してほしいです。

改正水道法や種子法は私には内容が良く分かりません。
水道法はこれまで公的にやっていた水道事業に民間を入れる
って事ですが、水道のインフラが老朽化しているのは事実。
それを新しくするには大変な費用がかかるし、水道料金は
上がるでしょうね。
民間を入れるのがいいのか悪いのかは分かりません。
ただ外国の業者を入れるのは反対ですね。




posted by はなまる at 21:37 | 安倍内閣