安倍総理が読む右翼の本
安倍晋三首相が年末年始の休暇中に読書すると紹介したのは
日本国紀 [ 百田尚樹 ]
信長の原理[本/雑誌] / 垣根涼介/著
全体主義と闘った男河合栄治郎 [ 湯浅博 ]

これを中国共産党機関紙が『右翼の本だ』とかみついたとか。
https://special.sankei.com/f/international/article/20190104/0001.html

余計なお世話だっていうのよね。
ホントに全体主義の共産主義国は怖いわ。
一々他国の総理の読む本までケチつけるんだから。

これがシナの本質。
共産主義に中華思想が混ざって絶対友好など出来ない国。
日本は其処のところしっかり警戒しないとダメですよ。


まあ防衛に多大な費用がかかるのも仕方ないんだわ。
弱い国は踏みにじられて終わりなのが国際社会の現実です。
経済も軍事力も生きていくのに必要です。
posted by はなまる at 18:35 | 安倍内閣