新聞の詐欺
昨日、ウチの新聞に文喜相韓国国会議長の発言が小さく掲載され
その横に同じく小さく枝野氏の発言が載っていました。

立民・枝野
「辻元さんは辞任する必要はない。お金はすぐ返したから問題ない。
外国人献金は防ぎようがない」

しかしながらその献金した在日朝鮮人の林範夫弁護士は
夕刊フジのインタビュー出来でこう答えています。

「献金後、辻元氏側から『外国籍からの献金は受け取れないので、
別の会計処理をさせてください』と話があった。
どんな処理をしたかは分からない。私の方に返金はされていない」


つまり外国人である事を知ってお金を貰い返金もウソ。
多分,後援会費にでもつけかえたんじゃない。

統計偽装だのモリカケだのはあれほど大々的に報じながら
韓国や立憲の不都合な事はなるべく小さく報じるという
マスコミの姿勢は一貫していますね。

出来るなら報じたくはないけど報じたくネットの時代
隠せないからアリバイ的に小さく報じるわけね。

そういえばジャパンタイムズが慰安婦や徴用工の表記を
変えた時、記者たちが反対して泣いたそうですよ。

「慰安婦」など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか
https://jp.reuters.com/article/japan-times-korea-insight-editorial-idJPKCN1PJ050

反日記者は大嘘書いて日本を貶められなくなったのが
悔しくて泣いたんかい。
いつか嘘つき記者を内乱罪で死刑にしてやりたい
って本気で思ったわよ。


ジャパンタイムズは政府系の広告が増えたそうだけど
反日嘘記事を書いて発行部数まで嘘ついてる新聞に
政府広告を載せるより事実に近い表記をした新聞に
広告を載せたほうがいいでしょ。

新聞は発行部数を水増ししてその分の広告料を詐欺してる。
政府の出す広告は国民の税金だから、政府は詐欺で
新聞を告発すべきだわ。

posted by はなまる at 17:12 | 日記