文在寅の三・一演説
文大統領の三・一演説に対し、外務省が問題意識を
伝達しました。朝鮮人約7500人の殺害というのは
確かな事実とはいえません。っていうか嘘。

外務省
「100年前の歴史についてはさまざまな学説があり、
大統領がそのうちの1つの具体的数字を挙げるのは問題だ」


日本は北朝鮮と韓国とは決して友人にはなれません。
会談が決裂したからと言って今更日本に寄ってくるな ! ! !

【中央】ハノイ会談が始まる前から…日本「北朝鮮に支援しない」と米国に通知
https://japanese.joins.com/article/638/250638.html?servcode=A00§code=A00

「日本は謝罪と賠償だけしていろ」北朝鮮、首脳会談当日に主張
https://blogos.com/article/361206/

文大統領の三・一演説
3月1日から2か月間、南北韓を分かたず全国220の市・郡のうち211の市・郡で万歳デモが起こりました。
 万歳の声は5月まで続きました。
 当時、朝鮮半島の人口の10%にもなる約202万人が万歳デモに参加しました。
 約7500人の朝鮮人が殺害され、約1万6000人が負傷しました。
 逮捕・拘禁された人は実に4万6000人ほどに達しました。
 最大の惨劇は平安南道の孟山で起きました。
 3月10日、逮捕・拘禁された教師の釈放を要求しに行った住民54人を日帝は憲兵分遣所内で虐殺しました。
 京畿道・華城の提岩里でも教会に住民を閉じ込めて火を放ち、幼い子どもも含めて29人を虐殺するという蛮行が起きました。
 しかし、それとは対照的に朝鮮人の攻撃で死亡した日本の民間人はただの一人もいませんでした。

今になって過去の傷をほじくり返して分裂を引き起こしたり、隣国との外交であつれき要因をつくったりしようとするものではありません。
 どれも望ましいことではありません。
 親日残滓の清算も、外交も未来志向的に行われなければなりません。

過去100年、われわれは公正で正義のある国、人類全ての平和と自由を夢見る国に向けて歩んできました。

 「果敢に長年の過ちを正し、真の理解と共感を基に仲の良い新たな世界を開くことが互いに災いを避け、幸福になる近道である」ことを明らかにしました。
 今日も有効なわれわれの精神です。
 過去は変えられませんが、未来は変えることができます。
 歴史を鑑として韓国と日本が固く手を握る時、平和の時代がわれわれに近付くでしょう。
 力を合わせて被害者の苦痛を実質的に癒やす時、韓国と日本は心が通じ合う真の友人になるでしょう。


posted by はなまる at 16:49 | 日記