日本人の税金は日本人の為に
留学生が大量に行方不明になってます。
彼らはどこへ行ったのか。
不法滞在なのは確か。

安倍内閣は留学生30万人を目標にしています。
そして外国からの留学生は手厚い支援を日本政府から
受けますがそれは私たちの税金です。

東京福祉大には留学生が約5000人在籍がして
3年間で約1400人所在不明となり除籍になり
さらに3年間で500人超の研究生が退学になり・・・

これでは東京福祉大は不法滞在者の巣窟か
と言われても仕方がない。
東京福祉大学の創立者はかつて強制わいせつ事件で
逮捕され中国ともかかわりのある人物ですって。
こんな人の大学を認可した文科省もアヤシイわ。

東京福祉大だけではないですよ。
日本人の学生は減っているのになぜか私立の大学は
雨後のタケノコのように増えています。

最初から海外の留学生を入れて補助金を目当てにしている。
文科省はそういう大学を次々認可して文科省OBの天下り先に
している。

獣医学部のような必要な学部の増設は認めないのに
留学生の補助金目当ての大学は増やして利権にしている。
文科省は腐ってますね。なにしろ出会い系前川助平氏が
次官になる省だから。

私は留学生に出すお金があるなら日本人の学生に出して欲しい。
日本人の学生は借金して大学に通いその返済に苦しむのに
留学生は生活の支援までして貰ってあげくに不法滞在。

どう考えてもオカシイでしょ。
日本人の税金は日本人の学生の為に使うべきです。
留学生は大学ごとに人数を制限すべきですね。
そもそも税金を使ってまで入れる必要がない。
不法滞在者を出す大学なんぞ潰せばいいんです。

posted by はなまる at 23:01 | 日記