地方分断は侵略の一歩
大坂でまた変な選挙が行われます。
松居大阪知事が大阪市長に
吉村大阪市長が大阪府知事に
大阪市特別区設置住民投票をやり直す公約を掲げて立候補。

これって3年前に一度否決されてますね。
住民投票なんて何度もやるもんじゃないでしょ。
それなりに費用がかかるんだし一度否定されたのに
何回もやればそのうち賛成が増えるかもなんて
正当のエゴですよ。

維新の国会議員はそれなりに野党としてまともな
質問をしていますが大阪維新はアヤシイです。
例の森友も松井知事が籠池氏の学校を認可したのが
そもそもの原因です。あの時松井知事は自分の責任に
知らん顔してましたよ。


大阪都構想は金がかかるだけで見返りは少ない。
利権が組み替えられるだけです。
大阪府の莫大な借金を大阪市などの税収で賄うつもり ?

維新は以前道州制とか地方分権とか言ってましたね。
でも地方を分断して徐々に侵略を進めるのはシナの
常套手段ですよ。

一つ場所にシナ人を多く住まわせ、経済的影響を強め
地方の公務員や政治家を篭絡する。
地方分権が強まればそれだけ浸透しやすくなります。

大阪はそれでなくても在日コリアンが多い都市です。
大阪都構想は在日が大阪を乗っ取る為じゃないですか。
むろんシナはそれを見逃さないでしょう。

地方分断と言えば北海道知事選でも小沢一郎の手先の
前科持ちが立候補して北海道独立なんて言ってますね。
小沢一郎はシナの野戦司令官ですよ。
北海道を乗っ取るつもりなのは間違いない。
シナは随分と土地を買いあさっていますからね。

沖縄も独立を叫ぶ人たちがいる。
独立なんてしたら即シナの自治領になりますよ。
フィリピンも反米で米軍基地を追い出した途端
シナに領海や島を盗られました。

私は以前は地方分権は良いと思っていました。
でも周囲の国々や在日外国人の問題を知るにつけ
うっかり一見よさげな話には乗れないと思いました。

私たちの武器は選挙権です。
国政だけでなく地方選挙は大切、
侵略は地方から始まってます。

posted by はなまる at 17:30 | 日記