朝鮮総連「破壊活動の恐れ」政府、答弁書を閣議決定
 政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、
現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051700511&g=pol

ま、当然ですわね。

朝鮮総連と言えば朝鮮学校、その校長が拉致と関わっていた
そして拉致実行犯がまだ日本にのうのうと住んでいる。
日本人として決して許せることじゃないです。


朝鮮学校に不正な補助金を出したり土地をただ貸ししたり
色々と支援している自治体が多くあります。
それを国会で批判した丸山穂高議員は今フルボッコ。
売国議員なら何を言ってもスルーされたのにね。
日本社会がいかに特亜に浸食されているかって事です。

そうした中で政府が改めて
朝鮮総連は破壊活動防止法に基づく調査対象団体
という答弁書を閣議決定しました。


安倍総理が前提条件なしで金正恩と会うと表明しましたしまが
水面下での駆け引きが激しくなっているんでしょうね。
それとも本当に総連によるテロの恐れが高まったんでしょうか。

テロの恐れと言えば韓国も同じ。
ムン大統領の経済政策の失敗で特に若い人の失業率が
高くなっています。韓国人はビザなしで日本に来れるし
韓国のヒーローは全て日本人を殺害したテロリストです。
日本に来た韓国人がテロを起こす可能性もあります。
現に靖国に爆弾を仕掛けたテロリストもいますしね。

政府は早くビザなし渡航の廃止、韓国人の留学や就労を
禁止して欲しいです。
posted by はなまる at 17:46 | 安倍内閣